業者選びに役に立つ不用品回収・粗大ゴミに関連した業者をご紹介します。

不用品回収コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

空き家の不用品や粗大ゴミをできるだけ安く処分するにはどうしたらいい?

もう10年近く前になりますが、一人暮らしをしていた父が亡くなって、その後長男である私が実家を相続しました。
その後ずっと空き家として放置していましたが、この度ようやくそれを売却する決意をしました。
しかし、空き家の中にはたくさん荷物があるので、整理や処分をしなければいけません。
家具の他にも古い家電などの粗大ゴミも数多くあって、ほとんどは不用品なので、専門業者に丸投げすることも考えましたが、そうなると相当なお金がかかると思うので、自分たちでできることはしようと考えています。
空き家の粗大ゴミや不用品を安く処分する方法を知りたいので、どうかよろしくお願いします。


回答

業者に任せる場合は相見積もりをできるだけ多くとりましょう。


粗大ゴミや不用品の処分費用を安く抑えるには、自治体のゴミ回収を利用する方法があります。
手数料などのかかる費用は自治体によっても異なりますが、事前にコンビニやスーパーなどのごみ指定袋等販売許可店から手数料シールを購入して、それを粗大ゴミなどに貼りつけて指定の場所へ出すことで、安く不用品を処分してもらうことができます。
トラックなどの運搬車両をおもちの方は、自分で指定のゴミ処理施設へ持ち込むこともできますので、そうすればより安く不用品を処分できます。
家電に関しては、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコオンの4種は、処分するのにリサイクル料金が発生してしまいますが、それ以外の小型家電は街中に設置されている回収ボックスで無料で処分することができます。
古くてもまだ使用できる家電や家具などは、ネットオークションやフリマで販売すれば、回収費用を抑えるだけではなく、お小遣い稼ぐにもつながります。
もちろんその他の不用品も、リサイクルショップなども利用して売却することをおすすめします。
時間があまりなかったり、手間をかけたくない場合は、業者に依頼すればいいわけですが、依頼先の選び方でも費用は大きく変わってきます。
空き家の粗大ゴミや不用品の処分の依頼先は、不用品回収業者、リサイクル業者、遺品整理業者などがありますが、その中にはリサイクル品の買取にも対応してくれるところもありますので、そのような業者をインターネットなどで調べて、できるだけ多くの業者から見積りを取って比較すれば、時間も手間もかけないで安く空き家の荷物を処分することが可能になります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク