業者選びに役に立つ不用品回収・粗大ゴミに関連した業者をご紹介します。

不用品回収コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

家の中にたまった家具をまとめて処分したいです。

子供が独立して、しばらく経ちます。
子供が使っていた部屋を中心に、不要になった家具で家の中が溢れています。
最近はやりの断捨離も兼ねて、まとめて処分したいと考えています。
しかし、サイズが大きいものも多いので、一人で処分するにはなかなか骨が折れます。誰かに手伝いを頼む以外に、何か良い方法はないでしょうか。


回答

家具など粗大ゴミの処分は不用品回収の専門業者にお任せください


お子様の独立を期に家の中の大掃除を始める方は多いです。その際やはり問題になってしまうのは「白物家電や大型家具をどう処分するか」という点。今では粗大ごみとして出せるものも制限が厳しくなってしまって、昔のように気軽にゴミに出すことが難しくなってきました。
そこで活躍するのが不用品回収の専門業者です。
業者に頼んでモノを処分する際に気をつけなければいけない点は2点あります。
1点目は、無料引取に対応しているかどうか。現状では不用品引き取りに関して手数料を取るところと、そうでないところがあります。後者であれば、手間もコストも抑えることができるので、ぜひ利用したいですね。
ただし、無料引取に関しては「付属品がそろっていること」など独自の条件を設定している業者もあるので、必ず事前に確認しましょう。
2点目は、現地で引き取り品の鑑定を行ってくれるかどうか。
価値が多様化している現代では、あなたが「いらない」と思うものでも。他人にとっては「ずっと欲しかったあの商品」となることもよく起こる現象です。
コレクターズアイテムの目利きができるスタッフがいて、回収時に鑑定できる業者であれば、その場で買い取ってもらうことができます。
その場合、不用品回収に手数料がかかっても料金を相殺できたり、収入につながります。ホームページ上で買取強化品を告知している業者もあります。
まずはインターネットなどでお近くの不用品回収業者を検索し、電話で相談してみましょう。
その際に上記の2点の確認とともに、実際に回収してもらいたい品目についても具体的に伝えておきましょう。引き取りに使うトラックの大きさを抑えることができれば、その分回収費用が安くあがりますし、回収業者側も、回収品目が予想できれば事前の準備がやりやすくなります。
不用品回収業者を賢く使って、時間もお金も節約して不用品を処分していきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク