業者選びに役に立つ不用品回収・粗大ゴミに関連した業者をご紹介します。

不用品回収コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

粗大ゴミを行政ではなく業者に任せる理由はなんですか?

粗大ゴミが自宅にたくさんあるため、それらを捨てたいと考えており、いろいろと調べているところです。
すると、粗大ゴミの回収は行政サービスだけではなく、民間のサービスでも取り扱ってもらえることを知りました。
多くの人はまず行政のサービスの利用を考えると思うのですが、民間のサービスを利用する人もいるため悩んでいます。
民間の業者に粗大ゴミの回収を任せる理由やメリットなどについて教えてください。

回答

民間のサービスのほうが利点は多いため利用するという人がいます


粗大ゴミを捨てたいときには確かに行政のサービスを利用することができるため、民間サービスを利用する意味がないと考える人が出てくるでしょう。
ただし、行政サービスにはさまざまな制限が存在していることを理解しましょう。
たとえば、行政サービスに粗大ゴミを任せる場合には事前に予約が必要であり、扱ってくれる数には限りがあります。
回収してもらう粗大ゴミは自宅の前に置いておく必要があり、細かなルールもたくさん決められています。
ただし、行政サービスの場合は税金で運営されているため回収してもらうための費用が安くなっているという点はメリットといえるでしょう。
一方、民間のサービスの場合は事前に予約する必要がなく、その日のうちに回収してくれるような業者がたくさん存在します。
家の中から粗大ゴミを持ち出してくれるサービスもあるため、体が不自由なお年寄りや力のない女性でも安心して粗大ゴミを捨てることができるでしょう。
ただし、民間サービスの場合は回収するための費用が高く設定されていることが多い点には注意してください。
たとえば、家電を1台回収してもらうだけでも数千円かかってしまうことがあり、大きな家具や家電になるともっと費用が高くなってしまいます。
民間サービスの場合は割引サービスや料金を用意していることがあり、一度にたくさん扱ってもらった場合には安くなることもあります。
このように粗大ゴミ回収について行政と民間のサービスにはそれぞれ一長一短が存在していることを理解しましょう。
民間のほうが費用は高くなるのですが、その分きめ細かな対応をしてくれて、できるだけ要望を聞いてくれるため、行政サービスでは満足できない人が民間の粗大ゴミ回収を利用するケースが出てくるのです。
これからどのようなサービスを利用するのか悩んでいる人は、細かな部分をチェックして、自分にとって最良の選択をしてください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク