業者選びに役に立つ不用品回収・粗大ゴミに関連した業者をご紹介します。

不用品回収コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

粗大ごみを安く回収してくれる業者を探すポイントはありますか?

父が他界してから実家を少しずつ片付けてきました。形見となるような大切なものや、まだ使えるものは自宅に持ち帰ったのですが、不用品が多くて困っています。初めは廃品回収の日に本をまとめて出したり、プラスチックや缶、瓶など分けながらゴミに出していましたが、ゴミ出しのために実家に帰るのも大変で、疲弊してしまいました。
その話を職場の同僚にすると、「不用品や、大型ゴミをまとめて回収してくれる業者があるから、そういうところに頼んだ方が楽だよ」と言うのです。搬出作業も全部してくれるので何もしなくていいと。
ただ、回収料金が高い業者もあるようなので気を付けてと言われました。回収業者を探すにあたり質問なのですが、料金はどのように計算されるのでしょうか?回収品の数でしょうか?
少しでも安く回収してくれる業者を探すポイントがあれば教えて下さい。

回答

料金詳細が明確で追加費用がないことを確認しましょう


不用品の回収業者は様々な種類があり、業者によって見積もりの仕方が違います。品目ごとに回収物の値段を決めている場合、もしくはトラックの大きさごとに値段が固定され、詰め込めるだけの不用品を回収する場合などです。
不用品の量に応じてどちらが割安であるか検討する必要があるでしょう。業者によっては見た目の基本料金は安く設定し、搬出の人件費を別途請求としたり、時間帯や日にちによっては割増料金を請求する場合があります。見た目の料金だけではなく、追加でかかる費用はないかの確認が重要です。
また、もう一つのポイントは搬出されるお宅から近いエリアの業者を選ぶことです。業者の多くは対象エリアを決めているため、エリア内であれば出張料は無料の場合が多いからです。ご自宅と回収依頼するお宅が離れている場合は、不便なことが多いですが、考慮された方が費用は抑えられるでしょう。
安い料金を売りにしている業者の中には作業員が1人であるため、搬出作業の手伝いを求められることがあるようです。依頼者様が承知の上であればよいのですが、搬出当日に当たり前のように手伝いを求められるケースも耳にします。こういった行き違いのないよう、業者に事前見積もりを依頼し、見積もりに詳細の記入があるか、詳細にないことを求められることはないか確認しましょう。
回収当日に確認作業があります。聞いていないことを求められた場合は、作業を進めさせず、すぐに担当者へ連絡してください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク