業者選びに役に立つ不用品回収・粗大ゴミに関連した業者をご紹介します。

不用品回収コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

不用品回収業者に不用品を回収する際に気をつけたいこと

今度、事務所の移転に際し出た不用品を、不用品回収業者に依頼して回収してもらうことにしました。
実際に回収してもらった後にわかったのですが、依頼した業者が一般廃棄物、産業廃棄物の資格を持たない業者であることは発覚しました。
この場合、依頼した我々にも責任はあるのでしょうか?
そもそも、一般廃棄物、産業廃棄物の資格を持たない業者が、不用品回収業者を名乗り、不用品の回収から廃棄ができるのでしょうか?

回答

依頼した側に責任があります


本来ならば、資格を持たない業者が回収業を名乗っているので、この業者が一番悪いのですが、依頼した側にも責任があります。
不用品回収の目的が、回収後の処理を名目にした場合、処分してもらう費用を払うのであれば、廃棄物許可を受けている業者しかできないですし、依頼してはいけない、となっています。
かといって、実際に不用品を回収してもらう時に、依頼者側がわざわざちゃんと資格を持っているかどうかを調べることはしないでしょうし、業者に提出を求める、なんてことはしませんよね。
なので、不用品回収を依頼する場合は、ホームページなどに、しっかりと許可番号を掲載している業者を選ぶべき、としか言えません。
こちらの不用品回収業者が、実はリサイクルのお店で古物商を持っており、リサイクルできないものを、許可のあった業者に処分を委託するというケースも考えられます。
一見、問題の無いように見える仕組みですが、この場合も違法となるので気をつけましょう。
排出事業者があなたの会社ならば問題ないのですが、リサイクル業者が排出業者になってしまうと、再委託の可能性が指摘されるからです。
ただ、今回あなたが利用した回収業者が、排気の資格は持っていないけれど、産業廃棄物の収集運搬許可を得ている場合は問題ありません。
この辺りの法律は非常に複雑でして、どうしてもトラブルに巻き込まれる可能性はいつでも秘めているものです。
そうならないように、安易に価格などで選ぶのではなく、しっかりと情報を吟味し、信頼のおける不用品回収業者を選ぶようにしましょう。
今回のケースは、防ぎようのないものであることは事実ですが、利用した不用品回収業者が、違法営業などで捕まらないことを祈るしかありませんね。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク